社内の情報共有って難しい?

Excelや名刺、CRM、SFAなど様々な道具やツールで顧客の情報を管理されていると思います。
CRMやSFAを入れても社内全体に共有するのはなかなか難しいですね。

当社でもCRMを何度か入れ替えてきました。
現在はNIコンサルティング社のSFAを利用しています。
ただ、どうしても情報を見るのは営業部が多いです。

「こんな新しいお客様から面白い話が聞けた!」みたいな全社的に伝えたいことがあります。

そこでMicrosoft365 Teamsを活用しています。


Microsoft365 Teamsとは簡単にいうと「業務をより円滑に進めるためのワークスペースを提供する統合コミュニケーションツール」です。
ドキュメント、動画、アンケート、オンライン会議、スケジュールなど、業務に必要な様々なリソースと繋がります。

https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software

ちなみに一般法人向けのTeamsが利用できるMicrosoft365のプランと価格は

  • Microsoft 365 Business Basic ¥540円 ユーザー/月
  • Microsoft 365 Business Standard ¥1,360円 ユーザー/月
  • Microsoft 365 Business Premium ¥2,180 ユーザー/月

Basicコースなら10人の会社で年間64,800円ですから、中小企業でも検討できる価格帯ですね。
もちろんWordやExcelもついていて共同編集なんかもできちゃいます。 クラウドサービスの強みですね、非常に価値あるサービスが明日から使えてしまうのですから。

当社は、Teamsを導入して「伝えたい情報」「聞きたいこと」を発信する文化になりました。
発信された情報へのフィードバックがあり、社内からまた情報が集まってきます。
情報流通が活性化しました!


単なるコミュニケーションツールとしてSkypeも使っていたのですが、そのころとは大違い。
決してSkypeが悪いわけではないですが、統合環境として情報がつながることは非常に価値がありますね。
情報共有が活性化され、さらなる価値を創造していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA