タイでお仕事どうやるの?

当社マップクエストは、タイに10年前グループ会社「MapQuestAsia」を設立しました。
タイで仕事するのは大変?また日本との連携は?
今日は、7年前から現地で仕事をしているMapQuestAsia代表取締役の岡田さんにインタビューしました。

MapQuestAsia代表取締役の岡田さん

タイはこんな国

タイは、人口6980万人 (2020年)、在留日本人は81,187人(2020年10月)。世界で4番目に日本人が多い国なんです。
首都バンコク。日本との時差2時間。日本から飛行機で7時間のところです。
気候は年中暖かくバンコクにおける年間平均気温は29℃、平均湿度73%(2014年)と高温多湿で年中蒸し暑いため、日本の夏の気候が一年中続きますね。

それではインタビューを!

Iriyama
Iriyama

タイで仕事をするきっかけは?

岡田
岡田

当時、会社設立3年目で開発技術者の育成のため赴任されていた前任者の帰国に伴い、新しい環境での仕事に挑戦してみたいと思っていた私が交代のかたちでタイに来ました。タイは旅行で訪れたことがあったり、学生時代に交換留学生のタイ人との交流があったこともあり、タイ自体に興味があったこともきっかけの後押しをしました。

Iriyama
Iriyama

仕事の内容は?

岡田
岡田
MapQuestAsiaのオフィスがあるバンコクのB.B Buildingビル

赴任当初はタイ人の開発者の育成が主な業務でした。現在は会社全体のことをみながら、日本人は私一人だけなので日本関連の仕事を取りまとめています。代表として経営管理、営業として主に日系企業へのアプローチ、開発ブリッジSEとして日系企業や日本からの受託案件の管理などを行なっています。

Iriyama
Iriyama

仕事の仕方は?

岡田
岡田

拙い英語と、日本語ができる社員を通じて指示を出したり説明をしたりしています。作業指示の記録を残す意味でもプロジェクト内のやりとりはグループウェアによるチャット等を利用しています。最近は機械翻訳の精度も良くなっていることもあり、テキストベースであればタイ人社員同士のタイ語でのやりとりの内容をある程度把握することができます。
日本との連携はMicrosoft365 Teamsによって、オンライン会議で行っています。

Iriyama
Iriyama

タイで仕事してこれがいいな!と思うことは?

岡田
岡田

英語の重要性を再認識したことです。普段一緒に仕事をしている社員との公用語として英語を用いる機会が多くあります。日本にいるときは日本語の情報に頼りきりでしたが、英語圏の情報(特にIT系)を直接を取得することでより早くより正確に情報を扱うことができることを実感しています。特にタイの若い世代は英語力が高いので一緒に仕事をしていて刺激になります。

Iriyama
Iriyama

タイと日本で仕事をする大きな違いは?

岡田
岡田

言語の違いによって伝えたいことが全て正しく伝わらないことがあるため確認のための時間がかかってしまうことがよくあります。またよく言われていることですが「察する」ことが日本人独特の文化だと再認識しています。タイではやってほしいことや気持ちをはっきりと伝えることが当たり前の文化なので察する必要が無いのが普通のため、そのギャップをお互いが歩み寄って調整することが大切だと考えています。

Iriyama
Iriyama

生活で困ったことはありませんか?

岡田
岡田

生活圏がタイの首都バンコクのため比較的国際的であることと、親日国なので日本のものや食事も多くあるので生活で困ったことはほとんどありません。しいて言うなら常夏で年中エアコンを使用しているためエアコンが故障しやすいのと、雨季の時期のスコールと道路の冠水に困ることがあります。

Iriyama
Iriyama

今後タイでチャレンジしたいとは?

岡田
岡田

タイはフードデリバリー、QRコード決済などのWebサービスが日本で普及するよりも早く一般的に利用されているなどデジタル化の浸透が速い国であります。これまでオフショア開発(特にWindowsアプリケーションの開発)が中心でしたが、ここ数年Webシステムの開発人材の育成に力を入れており、今後は日系企業、現地企業問わずWebによる業務改善を提案していこうとアプローチしています。

まとめ

岡田さん、ありがとうございました。
当社とMapQuestAsiaはグループ会社です。地図や位置情報の活用をタイでも実現したいですね。


次回は、タイのGIS事情や社員の特徴など聞いてみたいです。

記事が面白かった方、参考になった方は、是非「イイね」お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA