豊橋技術科学大学 実務訓練最終日

本日は、以前の記事でお伝えした豊橋技術科学大学の実務訓練最終日です。最終日ということで、これまでの成果を共有するために成果発表会が行われました。

成果発表会の様子

成果発表会の様子を写真を交えながら紹介します。

Kさん : 図解が多く理解しやすい資料でした。時おり冗談も交えながら落ち着いた様子で発表していました。

Tさん : 難しいテーマを順を追ってわかりやすくまとめていました。また、終始大きな声ではきはきと発表していました。

2名ともよくできた資料で、プレゼンも20分の持ち時間ほぼピッタリという素晴らしい時間配分でした。事前にリハーサルをしていたようです。

実務訓練生よりひとこと

訓練生に「実務訓練を終えて」というテーマで一言もらってきたので紹介したいと思います。

Kさん
Kさん

今回の実務訓練で社会人としてのビジネスマナーや、Web開発やデータベース構築の技術を身に着けることができました。また、ソフトウェア開発における自分の実力を知ることができ、将来社会に出るうえで自分に足りない知識や技術を知ることができました。今回の実務訓練で得たことは今後の大学院生活における学習や研究に活かしたいと思います。2か月という長い間実務訓練を受け入れてくださり、ありがとうございました。

Tさん
Tさん

実務訓練は経験したことのないことの連続でした。スケジュールを設定しての開発、プログラムの設計書やテスト仕様書の作成、テストの実施など、仕事としてプログラムをするうえで大切なことを多く学ぶことができました。また、geotiff画像など地理情報を取り扱う際に利用するデータ形式の取り扱い方など、プログラミング内容としても新たに学ぶことは多かったです。大学院での研究や就職後にも活きる貴重な経験ができたと思います。2か月間本当にありがとうございました。

おわりに

約2ヶ月間の実務訓練お疲れ様でした。どちらも初めて扱う技術が多く難しいテーマだったと思いますが、積極的に挑戦する姿は、受け入れる側としても刺激になりました。実務訓練の経験がお二人のこれからの人生の糧となることを願っています。ありがとうございました。

P.S. ぜひ後輩に紹介していただいて、来年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA