C#,VB.NETでデジタル地図

今日はめずらしく(笑)自社製品「MQD5」をPRしたいと思います。
というのも最近「MQD5」の問い合わせが増えています。
「MQD5」とは、.NET Framework/.NETでデジタル地図を利用するためのソフトウェア開発キット(SDK)です。

新規ビジネスを考えらているパーソンにとってデジタル地図活用は魅力的な要素です。

なに?SDKって

SDKって言葉、一般的には?ですよね。
ソフトウェアは、車と同じように専用部品を他社から仕入れて開発することがあります。
車だと燃料電池、タイヤ、カーナビとかですね。
「MQD5」というSDKは、地図のソフトウェア部品「デジタル地図のエンジン」です。

一応特徴を説明します

・既存システムへの導入のしやすさ
・ゼンリン地図との親和性
・.NET Framework完全対応
など、「コンパクトカー」を目指してリーズナブルな価格帯で満足度の高い商品をご提供しています。

本当の特徴

・100%国産
国産100%って食品のようですね。でも結構重要なんです。
地図のソフトウェア部品って代替え商品が少ないため、安心して長く利用できる必要があります。
自社で30年間、地図専門でソフトウェア開発してきました。

まとめ

開発環境はめまぐるしく変化しています。.NETで簡単にデジタル地図を使ってみたい方にはもってこいです。
今日はCM感満載でした。たまには許してください(笑)。

システム開発したくない方には、SDKを使ったアプリケーション開発も承っています。

面白かった方や参考になった方も是非「イイね」お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA