GoogleMapなどオンライン地図の弱点

日頃利用しているオンライン地図の弱点についてお話します。

オンライン地図とは

オンライン地図でGoogleMapが一番知名度が高いですね。
そのほかにもiOSのマップアプリで利用されているAppleMap。
国土地理院の地理院地図、オープンデータのOpenStreetMapなど、様々な会社や機関がインターネットを通じて地図情報を配信しています。

他にも
・MapBox
・Yahoo!地図
・ゼンリンいつもNAVI
・Mapion
など数えればきりがありません。みなさんは何を利用されていますか?私はiPhoneなのにGoogleMapです(笑)

とっても便利

オンライン地図は、WEBサイトやアプリになっていることが多く、基本無料配信(※1)なので、コンシューマーが利用するにはとても手軽です。マップアプリに課金している人はごく少数でしょう。私も無料で利用しています。
また、WEBAPIも備えており、WEB開発にも利用できます。
OSSの地図ライブラリを使えば、簡単に地図を表示させることができますね。

※1 一定量のアクセス数を超えると課金されるサービスがあります。

どんな使われ方?

場所を確認、場所探す、その場所に行くが基本でしょう。
紹介した地図サイトやアプリは、コンビニだったり駅だったり、多くのコンテンツを備えており、なんでも探せるようになっています。
また、専用の各種アプリ内でも利用されていますね。
たとえば物件アプリ、ニュースアプリのクーポン配信、電子決済アプリで対応店舗、登山用アプリなどです。
といっても、「確認、探す、行く」であることに違いはありませんね。

オンライン地図の弱点なんてあるの?

まさにオンラインであることが弱点です。
オンラインであるが故、オフラインの環境では利用できません。
当たり前すぎて笑ってしまいそうですが、オフラインで地図を利用したいシーンは結構あります。

・警察内、消防内
・自治体内
・機密性の高い企業内
・災害時
・山中など 、人が住んでいない場所

特に業務では、「確認、探す、行く」 に加え、機密情報を表示し、地図上で管理や分析、共有、状況把握など行います。地図はみなさんの生活に見えないところで活用されています。

少しづつクラウド(オンライン)への理解や導入は進んではいるものの、課題は多いようです。
登山用アプリ「Yamap」は工夫されていて、地図データをスマホにダウンロードしてオフラインでも動作できるような機能が備わっています。利用シーンを考えられていて便利ですね!

もう一つの弱点は見た目を変えにくいこと(変えれないではないです)。これについてはまた次回お話しましょう。

オフラインで地図を使うには?

地図データ、地図システムなどをローカルネットワーク内に配置します。
ローカルネットワーク内だと現行システムはネイティブなものが多いですよね。するとOSS地図ライブラリのようなWEB系地図ライブラリも利用できません。

地図選びとか、基幹システムとの連携とか、なんだか、めんどうです。

今日はちょっとだけPRします。そんな「めんどうなこと」はGISコンサルタントに相談してください ♪
地図や位置情報を利用して業務改善や課題解決のお手伝い致します。
ご相談お待ちしております。ご相談窓口はこちら

記事が面白かった方、参考になった方は、是非「イイね」お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA