もしもデジタル地図が停止したら?

ロシアのウクライナ侵攻を受けて、様々な企業がロシアへの経済制裁を行っています。
GoogleやAppleといった企業がデジタル地図サービスの提供を停止してしまったら?
想像しただけで、ぞっとします。そんな妄想をリアルに考えてみた話です。

道がわからない

最近、道を覚える必要がなくなってきてますね。
カーナビの普及、スマホの普及で、私は25年以上、地図帳を買ったことがありません。
以外と一番の致命傷です。

近くの店を探せない

ドラッグストア、飲食店、コンビニなど各店舗のホームページで調べることはできても近い店舗はわかりません。今は店だけでなく、さまざまなものを検索しますね。例えばトイレ、公園内のトイレまできっちり見つけられます。

EV充電スタンドも検索できます。

最近、iOS標準のマップアプリで「ポスト」を検索したら見つかりました。GoogleMapでは見つからないのであしからず。

移動時間、到着時間が予測できない

車であればカーナビがあります。しかし、カーナビを使うよりもスマホでルート検索することが多いでしょう。私は日常生活の中で短距離でも長距離でも結構な頻度でルート検索します。自分が感覚で走っている道が本当に最適ルートなのか?気になるんです。

位置共有で相手の位置がわからない

私は息子と娘の位置情報を共有しています。
いつごろ帰ってくるとか、どこまで目的地に行けたかなとか確認します。
災害時でなくても、子供の場所がわかることは安心です。共有できないと、いちいち電話やLINEで連絡ですね。

娘は友達どおしの位置をアプリ「Zenly」で共有しコミュニケーションしているようです。プライバシーゼロなので、なんだか不安なところもありますが。

まとめ

生活はもちろん、仕事にも大きな影響がでます。
はじめて問い合わせのあったお客様の訪問。できる自信がありますか?私は不安でいっぱいです(笑)。

デジタル地図はインフラのように必要なサービスとなりました。
まだまだ古い紙地図を使っているお話も聞きます。
高度な使い方でなくても、まずはデジタル地図の便利活用シーンをもっとお伝えしたいですね。

まあ、GAFAにとってデジタル地図サービスの一部ですから、メールが使えないとかもっと困ることはいろいろあります。

記事が面白かった方、参考になった方は、是非「イイね」お願いします👍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA