空間をうまく利用して作業効率UP!

社内で働く場所・席を替えたいなと思うときはありませんか。

・作業動線として効率が悪いとき 
・打ち合わせをする時
・作業に集中したい時
そんな悩ましい状況をマップクエストでは様々な空間を利用してうまく対応しています。

作業動線として効率が悪いとき 

マップクエストではフリーアドレスを導入しています。
フリーアドレスとは、個人で決められたデスクの場所を持たずに好きな席で働くことです。
とはいえ、席は固定しています。
業務をするにあたってコミュニケーションや働く同線を考えたときに一番効率的な配置にしているからです。
ただ、いつでも席替えは簡単です。なぜなら引き出しがないデスクを採用しているからです。
なのでパソコンを持ち運びすればどこでも自分の席ができあがり。
開発部では席を入れ替え、主導者を中心に作業者2人を左右の配置にしたことにより、コミュニケーションの促進ができています。

打ち合わせをする時

パーテーションで区切る、オープンスペースを作るなど、いくつかデスク・机を組み合わせた場所があります。
オープンスペースでは、机・イスの配置を変えるこで軽い打ち合わせや、全員での発表などその時々によって作業レイアウトを変更しています。

作業に集中したい時

個々のデスクは、壁側に沿って席を設けるているので集中しやすい環境です。
しかし、一つの空間を共有しているため、雑音など気になる状況もあります。
そこで、資料を集中して作りたいなど、没頭したい時に場所を移動して適した環境で作業しています。
オンラインセミナーを受けたとき、会議室は使用しており、自分のデスクでは他の人の動き声が気になるなど集中できる環境ではありませんでした。
しかし、別の場所に移動することで問題も解決しました。

場所の必要性や、レイアウト変更の手間、費用の問題などあります。
しかし、環境を整える、適した場所の確保で仕事が効率的にできる面もあります。

面白かった方や参考になった方も是非「イイね」お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA